コロナ禍の仕事の仕方

  • 2020.07.21 Tuesday
  • 23:09

コロナ禍で日常生活も様変わりしましたが、仕事の仕方も変えざるを得ない状況です。

プラスに考えれば、仕事のあり方を見直す機会になりそうです。

私の仕事での変化を箇条書きしてみます。


●リモートワークで完結できるか?

→当事務所は、コロナ感染が広がった初期から、

スタッフの健康のためリモートワークを実施してきました。

今や当たり前になりつつありますが、

近隣の税理士でも先駆けだったと自負しています。

数ヶ月経ってわかったのは、

リモートワークで仕事が完結するかの命題は半分は「YES」だと思います。

だいぶ書類をデータ化できたのでただ仕事を効率的進めるだけならいいのですが、

予定通りに行かなかったりスタッフの仕事のチェックや締めのため

私の仕事は増えました…今後の課題です。


●お客様との面談は手短に?!

→私はお客様との面談は時間をたっぷり空けたいほうなのですが、

感染予防のためにも面談のときは簡潔に話すよう心掛けるようにしています。

そのために、お話することを私なりにお会いする前にまとめた「レジュメ」をご用意しています。

また、オンラインの面談も増えました。

ZOOMでやるには会う感じと同じなのですが

不便なのは資料をお見せしながらご説明するときですね。

最近では、ZOOMの前にメールで資料をお送りして同じものを見ながらお話するとスムーズなこともわかりました。

面談の仕方も日々進化してます(^o^)


●移動には電車はなるべく使わない

→通勤がない身としては電車に乗らない(乗らずに済む)のは幸せです。

駅前に事務所を構えたのもお客様やスタッフが事務所に行きやすいことだけでなく、

私自身がさっと電車に乗れて迅速に動けるようにするためもありました。

ただ、コロナ感染が心配な昨今ではなるべく電車に乗らず移動するようにしてます。

結局、自転車か車になりますが、移動を効率よく時間を考えながら動くようになったらいいなぁと思います。


●いつでもどこでも仕事モード

→もとからあまりオンオフのない日常と性格でしたが、仕事の時間にこだわらず空いてる時間を使って仕事するようになりました。

夜の予定(飲み会、社交会○o。.)がほぼゼロになったので、

家族と夕飯も毎日食べられ、皆が寝静まってから仕事できる日常にもなりました。

その分、メリハリのない(刺激のない)毎日にはなってしまったので早く発散したいのはヤマヤマです。


●結局は人とのつながり

→外出自粛で人との接触が減りオンラインでできることが増えてきたとしても、

人とのつながりは以前よりも強くなりましたね。

会って話したいと思うこともありますが、オンラインでの会話で何となく繋がりをもてる瞬間が嬉しいものですね。


以上、コロナ禍の雑感でした。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM